{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

いまさら聞けないIT統制

2,000円

送料についてはこちら

■ 概要 内部統制報告制度(いわゆるJ-SOX)が施行されて、10年以上経過しました。評価分野の中でよりテクニカルでわかりにくいIT統制。前任者の実施した評価作業の焼き増しになっており、その手続を実施する目的がわからないまま、今さらその趣旨を聞きにくくなってしまったケースも耳にします。一方で企業が置かれているシステム環境の変化に合わせて、さまざまなセキュリティリスクが発生し、その評価手続手法もアップデートされています。 今回のセミナーでは、IT全般統制を中心とした各評価項目について、なぜその評価手続を実施するのかといった観点を解説します。合わせて、大手企業や大手監査法人で実施されている効率的、効果的なIT統制の手法、よくある不備事例とIT業務処理統制との関連についてお話します。 ■ 対象者 以下のような方に好適なセミナーです。 ・上場企業で新たにIT統制評価担当部署に配属された方 ・上場準備企業で今後IT統制を構築される担当の方 ・数年IT統制評価を担当しているが、評価趣旨がわからないままルーチーン作業となってしまっている方 ・将来のためにIT統制評価の基礎を知りたい方 ■ 主な内容 IT全般統制の主な評価項目について、 ・評価する趣旨や介在するITリスク ・効率的、または、効果的な手続手法例 ・よくある不備事例とIT業務処理統制への影響 ■講師略歴 神崎 時男氏 アーサーアンダーセンにて、ERPシステム導入コンサルティングに従事。その後、メンバーファームである朝日監査法人(現あずさ監査法人)に転籍し、会計監査部門を経由してIT監査部門に配属。J-SOX施行を前にした黎明期の監査法人内部のIT監査部門において、数多くのIT統制監査を実施するとともに、監査法人で利用するIT統制監査ツールの開発プロジェクトリーダを務める。 2008年に公認会計士神崎時男事務所、その後、株式会社オーディターを設立。IT監査他、J-SOX導入コンサルティングなどを数多く手掛ける。監査法人時代も含め、これまでにIT統制監査、IT内部統制評価、構築支援を実施したクライアント数は数百社にのぼる。 ・日本公認会計士協会東京会IT委員会元委員長 ・日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAJC)監事 ・日本IT会計士連盟元理事 (主な著書) CAAT(コンピュータ利用監査技法)を用いた監査手続事例と事業会社での活用について(日本公認会計士協会東京会) 次世代監査~ 近い将来のI T を活用した監査手法から人工知能(AI)による監査の可能性までを視野に入れた考察~ (日本公認会計士協会東京会) ■視聴期間:ご購入より1か月間 ■キャンセルについて キャンセルにつきましては、商品の性質上、弊社よりメールにて動画視聴のためのIDとパスワードをご連絡差し上げた後はできかねますのでご了承頂きますようお願い致します。

セール中のアイテム